You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

【和訳】Lover Dearest / Marianas Trench

最愛なる恋人へ、みたいな意味のタイトル。そうこの曲はラブレター。ラブレターはラブレターでも、ドラッグへのラブレターだ。 

youtu.be

Lover Dearest

This place is a hole, but I don't want to go
I wish we could stay here forever alone
This time that we waste
but I still love your taste
Don't let him take my place
don't just sit there
ここは穴の中 でもどこにも行きたくはない
ずっとここにいれたらいいのに
時間を無駄にしてる
でもまだ君の味が大好きなんだ
俺の居場所を取らないでくれ
ここに居座らないで

Sometimes I wish you would leave me
Well, I'm not sick of you yet
Is that as good as it gets?
I'll just try to hide it, or I could slip into you
It's so easy to come back into you
時々俺を離してくれたらいいのにと思うんだ
でもまだ君に飽きてはいないよ
まだいい気分になれるのかい?
俺はただそれを隠そうとするか 君の中に入ってしまう
君の元へ戻るのはとても簡単なんだ

I stand for a while and waited for words
Seen but not heard and struggled to try
My tongue's turning black, but I'll take you back
You're still the best more or less, I guess, I guess
立ち止まって 言葉が出てくるのを待った
確かにそこにあるけど聞こえなくて もがいた
俺の舌は正気に戻ってきてるけど また君を手に入れるんだろう
君はまだ最高なんだ 多分 多分

Don't you leave me
Well, I'm not sick of you yet
Is that as good as it gets?
I'll just try to hide it, or I could slip into you
It's so easy to come back into you
俺を離さないでくれよ
まだ君に飽きてはいないよ
まだいい気分になれるのかい?
俺はただそれを隠そうとするか 君の中に入ってしまう
君の元へ戻るのはとても簡単なんだ

It hurts me to say that it hurts me to stay
And it might be alright if you go
It hurts me to say that I want you to stay
But it might be alright if you go
このままなのは辛い そう口にするのは辛い
それに君がいなくても生きていけるんだ
君にここにいてほしい そう口にするのは辛い
でも君がいなくても生きていけるんだ

So leave me
Well, I'm not sick of you yet
Is that as good as it gets?
I'll just try to hide it, or I could slip into you
It's so easy to come back into you
だから俺を離して
いや、まだ君に飽きてはいないよ
まだいい気分になれるのかい?
俺はただそれを隠そうとするか 君の中に入ってしまう
君の元へ戻るのはとても簡単なんだ

Sometimes I think that the bitter in you and the quitter in me
Is the bitter in you and the quitter in me
The bitter in you and the quitter in me
Is the bitter in you and the quitter in me
The bitter in you and the quitter in me
Is bigger than the both of us
時々思う 君の呪いと俺の弱さは
君の呪いと俺の弱さで
君の呪いと俺の弱さは
君の呪いと俺の弱さで
君の呪いと俺の弱さは
互いに勝ったり負けたり

f:id:carcrashheart:20190110214307j:plain

Joshがヘロイン中毒で施設に入れられた17歳の時に、リハビリの一つとしてドラッグへのラブレターを書くのが課題にあったそう。この曲はその時に書いたラブレターを彼がそのまま歌にしたもの。ドラッグから離れたいのに離れられない苦しみを歌っていて、最後なんかはもう支離滅裂としていて英語でもちゃんとした文じゃないんじゃないかと思ってる(多分)

昨今エモいという言葉が持て囃されているけれど、世界一エモい曲といったら私なら間違いなくこれをあげる。そしてこの曲から最後のMasterpiece Theatre IIIのクライマックスへと繋がる流れが最高に愛おしくてたまらない。