You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

Home

f:id:carcrashheart:20190125010247j:plain

Kの音楽ブログ

ミニチュア造形作家
ロックとアートとチョコレートが好き
海外旅行中に消滅するのが夢

ここでは自分が大好きなアーティストの曲を翻訳して紹介したりとかしてます。主に心に訴えかけてくるような力強いメッセージ性のある歌詞が中心。 

Mental Health

メンタルヘルスの大切さを広めるべく、うつ病精神疾患を経験したアーティストの曲や、心情を赤裸々に表現している曲を紹介。メンタルヘルス関連の自身の文章とかも。

Marianas Trench

お気に入りの5本指に入るくらい大好きな彼らの楽曲の訳まとめ。
国内盤(日本語訳)が出ていないので、なるべく沢山訳すつもり。

ファンアカウントも運営しています↓ 
twitter.com

Story in My Hands (別ブログ)

f:id:carcrashheart:20190203213310j:plain

実物の1/12サイズの、私の手の中の物語。
ミニチュアフード/ドールハウス/フィギュア/ファンアート等の作品を載せてます。制作過程や作り方なんかも。海外旅行記も綴る予定。

Fall Out Boy / infinity on high ドールハウス

Paramore / Still Into You ドール作品

AURORA / Queendom ドール作品


 

【和訳】everything I wanted / Billie Eilish

世界中にいる17歳の中で、たった一人の17歳にしか書けなかった歌。

全てを手に入れてしまった彼女だけに書けた歌。

すごく好きでどうしても訳したかった。

こんな曲、それこそもう星の数ほど和訳が見つかるのに。でも自分の日本語の表現を好きだと言ってくれた方に後押しされた気がしたので訳した。

彼女の感情的でない、淡々とした呟きを、日本語でも表現したかった。

everything I wanted

I had a dream
I got everything I wanted
Not what you'd think
And if I'm bein' honest
It might've been a nightmare
To anyone who might care
夢を見たんだ
欲しいもの全てを手に入れる夢
君が思ってるようなのじゃないよ
それに正直なとこ
悪夢だったかも
人によっては

Thought I could fly (Fly)
So I stepped off the Golden, mm
Nobody cried (Cried, cried, cried, cried)
Nobody even noticed
I saw them standing right there
Kinda thought they might care (Might care, might care)
飛べると思ったんだ
だからゴールデンゲート・ブリッジから飛び降りた
誰も泣いてなかった
気づいてさえいなかった
みんなそこにいたのに
気にかけてくれると思ったのに

I had a dream
I got everything I wanted
But when I wake up, I see
You with me
夢を見たんだ
欲しいもの全てを手に入れる夢
でも目覚めたら
あなたが傍にいた

And you say, "As long as I'm here, no one can hurt you
Don't wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn't wonder why you hear
'They don't deserve you'"
そしてこう言うんだ
「僕がここにいる限り
誰にも傷つけさせはしないよ
嘘なんかつきたくない でも分かるはず
君の君自身への見方を変えてあげられたら
“こんなものお前に相応しくない“ なんて声が
聞こえてくることも無いはずさ」

I tried to scream
But my head was underwater
They called me weak
Like I'm not just somebody's daughter
叫び声をあげようとした
でも水の中から頭が出せない
みんな私のことを弱い奴だって言う
まるで私がただの他人の娘じゃないみたいに

Coulda been a nightmare
But it felt like they were right there
And it feels like yesterday was a year ago
But I don't wanna let anybody know
'Cause everybody wants something from me now
And I don't wanna let 'em down
悪夢だったかも
でもみんなそこにいた気がした
そして 昨日が一年前みたいに感じる
でも誰にも気づいてほしくない
だってみんな私から何かを求めてるから
がっかりさせたくないし

I had a dream
I got everything I wanted
But when I wake up, I see
You with me
夢を見たんだ
欲しいもの全てを手に入れる夢
でも目覚めたら
あなたが傍にいた

And you say, "As long as I'm here, no one can hurt you
Don't wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn't wonder why you hear
'They don't deserve you'"
そしてこう言うんだ
「僕がここにいる限り
誰にも傷つけさせはしないよ
嘘なんかつきたくない でも分かるはず
君の君自身への見方を変えてあげられたら
“こんなものお前に相応しくない” なんて声が
聞こえてくることも無いはずさ」

If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?
もしこうなることが分かってたら
同じことをまた選んだかな
もしみんなが
自分が口にした言葉が 私の頭に突き刺さってることを知ってたら
代わりにどんな言葉を選んだだろう

If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?
もしこうなることが分かってたら
同じことをまた選んだかな
もしみんなが
自分が口にした言葉が 私の頭に突き刺さってることを知ってたら
代わりにどんな言葉を選んだだろう

f:id:carcrashheart:20210802162058j:plain

このジャケ画が好きで好きでたまらなくで過呼吸起こすところだった。

抽象画で見事にゴールデンゲート・ブリッジを表現している。おぼろげで、本当に夢の中みたい。

 

everything I wantedは皮肉なんだと思う。

I got everything I wanted

彼女が手にしたもの。名声、それらが脳裏に浮かぶだろう。けれど

Not what you'd think

君が思ってるようなのじゃないよ、と彼女は言う。

everything I wantedは彼女にとっての悪夢になりえた。彼女は何年も自殺願望に苦しめられていたのだ。

彼女は実際にゴールデンゲート・ブリッジから海に飛び込む悪夢を見たのだそう。彼女は自分の自殺願望を叶える夢を見てしまったのだ。

 

歌詞後半のYouは、MVを見れば、いや見なくても分かる。兄のFinneasのことだ。これはラブソングでも何でもなく、兄との信頼関係を歌っている。

 

”If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?”

頭の中をぐるぐる掻き回すようなこの歌詞が辛い。

彼女は「自分が有名になる事は嫌じゃない、だって感謝してるから。でも時々誰にも気付かれずにどこかへ行けたらいいのにと思う」と言っている。

今の自分を思い描けていたら、本当に同じことをするだろうか?

それからインターネットが彼女に投げつけた言葉の数々のこと。

彼女が、自分はたった1人の人間なんだと、そう痛切に訴えてる曲に思えた。

 

Finneasとのコーラスが大好き

 

私はただ単に自分が本当に好きな曲を訳すようにしている。

以前SIAChandelierを翻訳した時も、既に数えきれないほどの和訳がネット上にあったけど、自分の日本語にしたかったので、そんなことはどうでもよかった。

でもなぜなんでしょう、今や検索順位の一番上に、一番真っ先にでてくる和訳になってしまった。なんでよ。私が訳す前に既にもう大量にあったぞ。私のなんかどうせ誰も見ないだろうと思ってたのに。

そんなわけで私のChandelierは現在日本で一番?とにかく私のブログで一番見られている和訳になっている。解説も、もちろんちゃんと調べたことを書いているけど、そんなにも沢山の人に「正解」として読まれると思っていなかったので面食らっている。

そして更にThe 1975I Always Wanna Die (Sometimes)も検索順位の一位を奪取。こちらも何だか申し訳ない。

まあいいや。私にはSEOの才能があったということで…

だからこの和訳もいつかトップに躍り出るかもしれない。もはや面白い。

 

ユニバーサルが和訳を公開しているので、一応これが「正解」だと私は思っている。

【和訳】Sober / Demi Lovato

下書きから出てきた曲。

訳のたった一つの表現に迷った曲をお蔵入りするのはやめましょう。

 

これは酒とドラッグを断ち続けていたはずのDemiが、それらに再び手を出してしまったことを懺悔する曲。彼女は2018年の3月に6年間シラフでい続けたことを祝っていた。

彼女のバラードはとりわけエモーショナルだなと思う。以前訳したFor the Love of a Daughterに引き続き、とても救いようの無い悲しい曲。あの曲は酒に溺れたお父さんについてだったけれど、今回は彼女自身の歌。 

Sober

I got no excuses for all of these goodbyes
Call me when it's over 'cause I'm dying inside
Wake me when the shakes are gone
And the cold sweats disappear
Call me when it's over and myself has reappeared
あの沢山の "さよなら" に言い訳なんてしない
それが終わったら呼んで だって心が死にかけてるから
震えが止まって
冷や汗が消えたら起こして
終わって自分を取り戻したら 私を呼んで

I don't know, I don't know, I don't know, I don't know why
I do it every, every, every time
It's only when I'm lonely
Sometimes I just wanna cave and I don't wanna fight
I try and I try and I try and I try and I try
Just hold me, I'm lonely
どうしてか どうしてか どうしてか 分からない
いつも いつも いつも やってしまう
寂しい時にだけ
時々ただ堕ちていきたくて 戦うのをやめたい
努力して 努力して 努力して 努力してる
抱きしめて 寂しいの

Momma, I'm so sorry, I'm not sober anymore
And daddy, please forgive me for the drinks spilled on the floor
To the ones who never left me, we've been down this road before
I'm so sorry, I'm not sober anymore
母さんごめんなさい 私はもうシラフじゃない
父さん 床に溢れたお酒を許して
私から離れずにいてくれた人達へ
前もこんなことがあった
ごめんなさい 私はもうシラフじゃないの

I'm sorry to my future love for the man that left my bed
For making love the way I saved for you inside my head
And I'm sorry for the fans I lost who watched me fall again
I wanna be a role model, but I'm only human
私のベットから去って行った
男性への愛に ごめんなさい
頭の中にとっておいたあなたへの愛を
こんな風にしてしまって
私が再び壊れていくのを見て去って行った
ファンに ごめんなさい
手本になりたいけれど 私はただの人間なの

I don't know, I don't know, I don't know, I don't know why
I do it every, every, every time
It's only when I'm lonely
Sometimes I just wanna cave and I don't wanna fight
I try and I try and I try and I try and I try
Just hold me, I'm lonely
どうしてか どうしてか どうしてか 分からない
いつも いつも いつも やってしまう
寂しい時にだけ
時々ただ堕ちていきたくて 戦うのをやめたい
努力して 努力して 努力して 努力してる
抱きしめて 寂しいの

Momma, I'm so sorry, I'm not sober anymore
And daddy, please forgive me for the drinks spilled on the floor
To the ones who never left me, we've been down this road before
I'm so sorry, I'm not sober anymore
I’m not sober anymore
母さんごめんなさい 私はもうシラフじゃない
父さん 床に溢れたお酒を許して
私から離れずにいてくれた人達へ
前もこんなことがあった
ごめんなさい 私はもうシラフじゃないの
私はもうシラフじゃないの

I'm sorry that I'm here again, I promise I'll get help
It wasn't my intention, I'm sorry to myself
またここへ来てしまってごめんなさい
助けを求めるって約束する
こんなつもりじゃなかった
自分自身に ごめんなさい

f:id:carcrashheart:20200423102838j:plain

 

欠陥人間

沈んでないとか数日前に書いたばかりなのに沈みかけてる。

 

「どうでもいいはずのことをどうでもいいと思えるようになる」のが目標。

でもそれってずるくない?たまに思う。

白人の男性ならきっとどうでもいいと切り捨てられることが多いけれど、有色人種の女性だったら?マイノリティだったら?どうでもいいと切り捨ててしまったら、声を上げなかったら、いつまでも理不尽を被り続ける立場だったら?

この言葉は不平等だ。

 

でもそんなことも今はもうどうでもいい。

オリンピックのことももうどうでもいい。

家族のことももうどうでもいい。

でないと精神がもたない。もう抱えられない。私は。

 

 

私は創作活動をしているので、今月は作品で結構稼いだ。

虚しい。「お金」という単位に変換しないと周りと比較ができないから価値を感じられない自分が本当に嫌い。

鬱で就活が出来なかったから同期より給料が少ない。常にマイナスにいる。空いた穴を塞ぐために何かを作り続けていないといけない気がする。常に焦りしかない。

作品が作れなければ欠陥人間のまま。

 

世の中自分で作った作品で稼いでる人間なんて一握りしかいないのに、なんでもっと何かを感じられないの?

幸せなのに。私の心には穴が空いてて、幸せが貫通してそのまま逃げていく。決して満たされることがない。

自分でいることが嫌すぎる。

 

作品に興味ある人、一人でもいたら見ていって。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by k a n a (@kanaminis)

 

それでも一応作品で稼いだお金にはとりわけ価値があると思っている。だからなるべく他のアートや音楽に費やすことにしている。循環させたい。

 

 

そういえば以前、大学の友達が、新卒のところで鬱になって無職になり、今は事務職を地道に頑張ってますみたいなことをFacebookに書いてた。

そういうこと書ける事自体すごいなあと思ってしまった。私は恥ずかしくて弱音を一切出せなかった。考えてみたら私の根底にあるのは全部恥だ。

 

あと鬱が酷かった時に私の音垢をブロ解した旧友が未だに作品垢はフォローしてくれてるの、私がもし作品垢でネガティヴなことを口にしたらここもブロックされるのだろうか?と、彼女からのアクションがあるたびに思ってしまって心に刺さる。

ネガティヴなことを呟くと人に嫌われます!辞めましょう!それが正解だったんだね。

 

あと、もう一つの職では超有名な大企業の社員とPRの仕事をさせていただいていて、自分のアイデアが採用されてバズったりしてた。

それがそっくりそのまま自己肯定感になった。

転職の面接でそのまんま「超有名な大企業の社員とPRの仕事をさせていただいた」「アイデアを使ってもらえた」って言うんか?

他人が知りたいその人の本質ってそこじゃなくね?

他人本意の私は他人から肯定、承認、評価されたものだけに価値があると思って生きてきたから、それらを手放した時、自分に何が残るのかわからない。就活で自分のいいところを一つも言えなくて何度も泣いてたな…

作品も売れなければ意味がないと思う。

 

他人を基準にすると人生は虚しいだけというけれど、点数とか偏差値とか、昔から他人から与えられた尺度でしか自分の存在を図れなかったから、それを失うと自分のアイデンティティも失う。

大学時代は家に持って帰るアルバイト先の残りのパンが自分の存在価値だった。

 

自分の人生に集中したい。でも集中できるほど自分自身に愛着もない。自分を辞められるなら辞めたい。

 

最近ツイキャスにハマった。誰でもいいから声を聞いていたい。自意識を手放したくて、気を散らしたくて、あらゆる音を流そうとしてる。

夜寝れない人向けにピアノを弾いてる人がいて神様かな?って思った。

 

生存報告

ここ数か月は沈んでない。かといってハッピーでもないけど。

海面にぷかぷか浮いて、ただ波に身を任せている状態。

ちなみに普通の人はその「鬱の海」がまず無い。陸。陸に立ってる。

 

4月6日のメモ

香水を購入した

金の無駄だから死ななきゃって病院行く度に自分責めてた数年前から 香水買いたくなるくらいまでメンタルが回復した〜

けどていねいなくらし系の人が素敵な一人暮らしの部屋の写真あげてるの見て絶対あんな風に自分がなれることはないと思ってしまう

私物を一つ増やすことすら希死念慮と反対のベクトルだから大変だ〜

常に自分がいなくなった後に遺された物の処理について想像してしまう

 

夜中に眠剤ぶち込んだテンションでインスタのストーリーに上げようとしたやつ。

踏みとどまって偉かったね。

 

鬱の人がみんなそうかは知らないけれど、

私の鬱みが酷いときは、物を買うことができなくなる。

これを買って何の意味があるんだ?

という、それこそ意味不明な思考回路に陥るから。

数年間チョコくらいしか買えなかった。一瞬の欲求を満たして消えてくれる存在。

レコードプレーヤーはまだ買えてない。

 

 

そういえばこの前TOEICを受けた。

840点だった。

目標の860点には届かなかったけど、そこそこの点数は取れた。

点数。点数っていいよね。絶対的な価値。自分の価値を証明してくれる感じがする。

昔からテストの点と偏差値が唯一の自己肯定感だった。

虚しいね。

 

 

それから今年になって、ある経験をした。

前にここに書いたけど、私には多分まともな思春期がなかったと思う。

中学時代、周りが話していることと父がしていることの区別が自分でつかなくて、ただただ全てが怖かった。高校時代に付き合ってた相手は結局行為をしたくなくて振った。

 

別に好きな相手でもなかった。でもどうでもよかった。

ずっとトラウマから抜け出せてない気にさせられていたから。それが抜け出せた証拠になった気がした。

きっともう解放されたはず。

ひとつ、黒い塊を「どうでもいいフォルダ」にぶち込むことが出来た。

もうどうでもいい。

 

そう、「どうでもいいはずのことをどうでもいいと思えるようになる」のが目標。

NBTのコナー君が愛読してる本の著者、Eckhart Tolleも同じようなことを言ってた。

 

"Allow this moment to be as it is"

 

ただ海の波に身を任せて、ぷかぷか浮かんでる。でも水が干上がる気配は無いし、自分で泳いで岸に向かう気力もまだない。

 

 

【和訳】Forever & Ever More / Nothing But Thieves

久々に和訳したくなった〜

あまりラブソングに共感しないタイプなのでそんなに訳してこなかったけど、Nothing But Thievesはラブソングも好き。

彼らの書くラブソングには毒があるというか、歪で、それでいて心を抉るような鋭さもある。

Broken Machine13なんかは、相手を色々と曰く付きの、恐怖と結びつくような「13」という数字に例えている。13日の金曜日とかの。

この曲もそう。

どこか普通じゃない歪んだラブソング。

飢えたドラキュラに化けたラブソング。 

Forever & Ever More

Down in the gutter and looking for trouble
Or something to that effect
And there she was, a metal cross ironically 'round her neck
And then she kissed me on the lips
And a fever came without a warning
荒んだ街をぶらついて
面倒事や何かが始まるのを期待してる
そこに彼女は現れた
皮肉にも十字架を首にかけて
それから 僕の唇にキスをした
前触れもなく熱風が吹き抜けた

Said give me a holla
And then I will follow you down into the dark
And I was left in the depths surrounding her feral heart
Oh, there's just something about the sun
That seems so very, very boring
声をかけてくれ
そしたら暗闇の中まで君を追っていけるから
僕は彼女の野性心を囲んだ
深みの中へと取り残された
太陽が気に触る
最高に 最高に退屈

What did you think when you made me this way?
What did you think when you love me this way?
Hold me so close when we get to the gates
And we'll be together forever and ever and more
僕をこんな有様にして何を考えてたんだ?
僕をこんな風に愛して何を考えてたんだ?
門へと辿り着いたら 強く抱きしめてくれ
そしたら 僕らは一緒にいられる
いつまでも いつまでも永遠に

If you desire then you be my fire and I'll be your gasoline
I'm getting sick of all the kicks this city is selling me
And she said: "Hey, let's get away
And I'll be your new religion, baby"
望むなら 君は僕の炎になり
僕は君のガソリンになろう
この街が僕に売り付けてくる靴にうんざりしてるんだ
彼女はこう言う
「ねえ ここから抜け出さない?
私があんたの新しい宗教になってあげる」

What did you think when you made me this way?
What did you think when you love me this way?
Hold me so close when we get to the gates
And we'll be together forever and ever and more
僕をこんな有様にして何を考えてたんだ?
僕をこんな風に愛して何を考えてたんだ?
門へと辿り着いたら 強く抱きしめてくれ
そしたら 僕らは一緒にいられる
いつまでも いつまでも永遠に

(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
(Hold me close)
(Smother me)
Hold me close
My little Draculove
Wrap your arms around me
My Draculove
My Draculove
強く抱きしめて
僕を絞め殺してくれ
強く抱きしめて
僕の愛おしいドラキュラ
君の両腕で僕を包み込んで
僕の愛おしいドラキュラ

What did you think when you made me this way?
What did you think when you love me this way?
Hold me so close when we get to the gates
And we'll be together forever and ever and more
僕をこんな有様にして何を考えてたんだ?
僕をこんな風に愛して何を考えてたんだ?
門へと辿り着いたら 強く抱きしめてくれ
そしたら 僕らは一緒にいられる
いつまでも いつまでも永遠に

f:id:carcrashheart:20210620173127j:plain

「私があんたの新しい宗教になってあげる」って最高じゃない?

門というのは天国にある門のことだと思う。Graveyard Whistlingでも頭上にある門を開けてくれと歌ってた。

 

これは私の人生の中でもハイライトの一つだけども、私はこの曲を世界で一番最初に聴いた。2018年のReading Festivalで世界初披露だったので。

この曲を始めとするEP、What Did You Think When You Made Me This Way?は4曲ながら緩急入り混じった最高に完成度の高いEPだと思ってる。

 

他に訳した2曲

1と0

コップの水理論といって、半分まで水が入ったコップを

半分も入ってる」と考えるか「半分しか入ってない」と考えるか

という話は有名だけれど、

私は当然のことながら後者なわけで、

後者の中でも末期なわけで、

半分しか入ってないことはもうすなわち、何もないことと同じに思う。

 

1か0しか存在しない。

いや、1か0しか存在しないというより、0しか存在しない。

だって自分の持っているものは全部半分だから。中途半端だから。

全部無いに等しい。

 

絵は描けないし

作品は下手だし

デザインの才能もない

英語ができないから

翻訳もできないし

文もかけない

何のとりえもない

 

1と0の間で自分を評価できない

 

 

昔からびっくりするほど自分に諦めていたから自分の可能性について考えたことがなかった(*⁰▿⁰*)

 

どうしよう