You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

1と0

コップの水理論といって、半分まで水が入ったコップを

半分も入ってる」と考えるか「半分しか入ってない」と考えるか

という話は有名だけれど、

私は当然のことながら後者なわけで、

後者の中でも末期なわけで、

半分しか入ってないことはもうすなわち、何もないことと同じに思う。

 

1か0しか存在しない。

いや、1か0しか存在しないというより、0しか存在しない。

だって自分の持っているものは全部半分だから。中途半端だから。

全部無いに等しい。

 

絵は描けないし

作品は下手だし

デザインの才能もない

英語ができないから

翻訳もできないし

文もかけない

何のとりえもない

 

1と0の間で自分を評価できない