You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

【ライブレポ】Marianas Trench ② (観光〜サウンドチェック〜OA)

ライブレポ ① はこちら 

carcrashheart.hatenablog.com

 

会場に到着

無事についたものの、ライブまで時間がかなりあるので、まず会場を下見した後、あらかじめ調べておいた観光地らしきところをぶらぶらする予定でいた。

f:id:carcrashheart:20190112042440j:plain

会場のWater Street Music Hall。なんと今年(2017年)で閉鎖されていた。もう二度と行かないと思っていたけどちょっと寂しい…

もう既にファンらしき女の子達が座って待機してた。海外だとチケットに整理番号がないから早い者勝ちで、凄いファンだと前日くらいから並んでいるというのは知っていたが、本当に目の当たりにして謎の感動。

 

とりあえず街をぶらぶらしたが、とにかく思ったこと。…人がいない!!!

f:id:carcrashheart:20190112042117j:plain

f:id:carcrashheart:20190112042111j:plain

会場付近も、今夜ここで本当にライブが行われるのか疑問に思うくらい人気がなくて寂れていた。アメリカは車社会といえどここまで歩いている人がいないとは。それから沢山の廃墟。「ニューヨーク第三の都市」って書いてなかったっけ!?とりあえず自分がここに再び戻ってくることは一生ありえないだろうなと思いながら歩いた。

 

f:id:carcrashheart:20190112042056j:plain

完全に廃墟だよこれ…!!!

 

f:id:carcrashheart:20190112042135j:plain

観光名所だと書かれていた滝。う、うーん……

 

3時に無事ホテルのチェックインを済まし、がっつりライブメイクをして会場へGO。既に列ができており、後ろに並んだ。実はここからが永遠に長かった…

M&Gに参加する人は3時半までに会場に来いとメールに書いてあったものの、一向に中に入れる気配がない。気温は一桁。寒いWifi環境は当然無し。要するに超暇。ノースリーブの人もいたがわけがわからない。私はFall Out Boyのクルーネックのスウェットにライダースジャケットを着込んでなおブルブル震えていた。

ふと後ろから歓声が聞こえると思い振り返ると、Marianas Trenchのメンバー、まさに私が16時間かけてやって来た目的のうちの2人、MattMikeが、ゆるーいノリで歩いてきていた。嘘だろ。

f:id:carcrashheart:20190112042059j:plain

あまりに衝撃的すぎてとりあえず写真をとるしかなかった私。彼らは軽くファンと声を掛け合った後会場内へ。

そのまま外で待たされること2時間!5時半になってようやく会場に入れた。

事前にインスタの投稿に私も行くよーとコメントをくれた女性を見つけたので声をかけ、そのグループに入れてもらう形に。サウンドチェックは運よく最前列で見ることができた。

 

サウンドチェック

f:id:carcrashheart:20190112042116j:plain

近すぎ…!

写真を撮っているとしばらくして周囲でひそひそ声が聞こえ、しかも耳をすませたらなんと自分のことだった。

「写真駄目じゃなかったっけ…?」

「この子外国人だから英語読めなかったんじゃない…?」

とたんに冷や汗。それからは自分が外国人であることに感謝してアホになりきることにした。

ライブ後ホテルに帰ってメールを確認したら当然のように赤文字で「サウンドチェック中の撮影禁止」と書かれていた。しかも違反したら追い出すとも書かれてた…なんで読まなかったんだろう。馬鹿すぎる。とにかく最前列でバシャバシャ撮ってても追い出そうとしなかったメンバーに感謝しすぎて泣けた。

Here's to the Zerosを演奏してくれた

f:id:carcrashheart:20190112042125j:plain

f:id:carcrashheart:20190112042122j:plain

 

サウンドチェックの後M&Gという名の写真撮影。「日本から来たよ!」と言うとIanにこの「ライブの為に!?」と驚かれ、いや違うけど…wと言ってる間に写真撮影を促され、わりと一瞬で終了。でもまあファンアートを渡したらメンバー全員に「すごい!」と喜んでもらえたので良し。

 

M&G後また会場外に出され、待つことさらに1時間。もうすっかり夜で辺りは暗い。セキュリティのおにーさんに身分証の提示を促され、パスポートを提示。一緒にいた人達に「私達はみんな免許証だけど彼女はcoolなidentification持ってんのよ笑」と茶化され、おにーさんも私が日本人と分かると「アリガトウゴザイマス」と日本語を話してくれた。独りぼっちではるばる来たからこういうコミュニケーションが身にしみるー みんないい人達だった。

そしてようやく再入場。今度は最前列は叶わなかったが、3列目まで行くことができた。日本でのライブじゃ考えられないくらい人と人との間隔が空いていて押しもない。でも前に詰められないような空気ができてたので諦め。まあそれでも十分に近いし。

 

オープニングアクトSecret Someones

正直に書こう。彼女らを見た時点で片道16時間の価値はあった。

f:id:carcrashheart:20190112042128j:plain

何も予習していなかったのに一曲目からすっかり虜になった。メンバーの3人の女性の格好いいこと!女性のいるバンドのライブを見たのはこれが初めてだったが、3人の力強い歌声と歌詞、演奏っぷりが最高に格好よくて惚れた。コーラスも素敵で、まさにMarianas TrenchのOAにふさわしいバンドだと思った。

 

忘れはしない一曲目 I Won't Follow

youtu.be

 

 一番好きな曲 Quit Pulling Me Down

www.youtube.com

本当に歌詞がかっこよくて。まさに私の求めている女性像だと思った。

"もうあなたの元へは戻らない。あなたが何をしようと私は壊せない。あなたが来てから忘れていたの、私は強いんだってこと"

トリセツが流行る日本じゃ出会えない音楽だ…

帰ってから早速ハロウィンパーティのbest costume賞で手に入れたアマゾンギフト券で彼女らのアルバムをポチった。 (残念ながら翌年の初めに解散。彼女らを見るのはこの夜が最初で最後になってしまった…)

 

約40分の演奏が終了し、そのまま待ったのちの大体夜8時を過ぎた頃、ついにMarianas Trenchのライブがスタートした。

 

ライブレポ ③

carcrashheart.hatenablog.com