You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

メンタルヘルス関連本まとめ

今までに読んだメンタルヘルス関連の本をまとめてみた。

正直に書いてます。正直なので、前に読んだ本程感想が少なくてごめんなさいという感じです。

 

うつヌケ-うつトンネルを抜けた人たち

www.amazon.co.jp

鬱を経験した色んな人の話。漫画なので読みやすい。

こんなことで精神的不調に襲われたりするんだ、逆にこんなことがきっかけで立ち直ることがあるんだ、と参考になる。

人の経験談は知れば知るほど良いと思うのが私の持論。支えてくれる杖が増える。視界が開ける。孤独感が減る。

オススメ度:★★★★★

 

いやな気分よ、さようなら

www.amazon.co.jp

鬱の人に多い認知のゆがみを直す本。一番有名なので読んでみる価値はある。

外国の専門家が書いた本は内容が多くて読むのが大変だけども、その分様々な症例や、それに即した対処法が載っていたり、説得力が強い。大量に付箋を貼った。

ゆがみを直すには、自分の思考回路を書き出して客観的に分析してみるのが一番効果的だそう。

オススメ度:★★★★☆

 

自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法

www.amazon.co.jp

この本も認知のゆがみについて、沢山の人の個人的な経験を元に、幼少期の出来事がその後のメンタルヘルスに影響を及ぼすということにフォーカスを置いている気がした。

心当たりがありすぎて、読んでいて救われた感じがした。この本も付箋まみれ。

オススメ度:★★★★★

 

「自分には価値がない」の心理学

www.amazon.co.jp

メンタル本で初めて読んだやつ。記憶があいまいだけれど、あーこれ私じゃんと思う事が沢山載っててしんどかったなあ。文庫本で読みやすかったし、また読み返そう。

オススメ度:★★★★★

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

www.amazon.co.jp

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)についての本は沢山出ているけど、これは提唱した心理学者本人が書いた本なので説得力がある。

この値段でこの内容量!あたりまえにダントツで役立つ本じゃんと思いきや、なんか価格が高騰してる…?定価780円だったぞ。。。最近HSP話題だからかな。なんか嫌ですね。

オススメ度:★★★★☆

 

敏感すぎる自分の処方箋

www.amazon.co.jp

HSP関連で私が読んだ本。繊細な自分を肯定してくれる。

漫画がある分読みやすいけれど、内容を希釈した感じ。

HSPは今物凄く話題になっているし、この手の本はめちゃくちゃ乱立してる。書店で流し読みしたけれど、どれも似たり寄ったりなので、一冊お守り代わりに持っていたらそれでこと足りると思う。

オススメ度:★★★☆☆

 

鋼のメンタルを手に入れる ゴリラ式メタ認知レーニン

www.amazon.co.jp

健常者のメンタルを鍛え上げるための本かなあ。

認知がゆがみまくっている人は、そこを正常に戻すところから始まるから、そこまで辿り着いてから読むといいかも。

内容が少し薄いような気もした。でも精神科医の人が沢山の参考文献(ほんとに沢山!)を元に書いている本なので説得力はある。

オススメ度:★★☆☆☆

 

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

www.amazon.co.jp

これは、書店で流し読みしただけで無理でした。

内容が薄すぎて… Twitterでバズったから本が出たって感じ。

特に重症化している人などには、あまり参考にならないと思った。何かをするより(というか出来ない)心の内部から治していかなければならないと思うので。

オススメ度:☆☆☆☆☆

 

ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣

www.amazon.co.jp

今って完全に匿名で本が出せるんだなあ… と思った。学歴とか職歴とか参考文献とか、著者の知識の裏付けとなる(と思っている)情報が一切なかったから、あまり信用せずに開いた。

それでも文章を読むだけで著者の頭の良さが存分に伝わった。見開きの2ページで一つの項目が完結するのでとても読みやすいし、頭に入りやすい。

自己啓発的ことを口にするパーソンにありがちな「否定」からは入らない、とても優しい文章なのも意外だった。お守りとして所持して、メンタルが危機的状況の時に読み返そうと思う。

オススメ度:★★★★★

 

嫌われる勇気

www.amazon.co.jp

超話題のやつ。常識を覆していくから、考え方を変えるきっかけにはなるなと思った。

青年のクソリプを丁寧に論破していく感じのテイストの本。

オススメ度:★☆☆☆☆

 

幸せになる勇気

www.amazon.co.jp

嫌われる勇気を読んだから読んだ。うーん。こっちは出てくる青年がのっけからブチ切れているから読んでいてつらかった…

そしてこのシリーズはトラウマを、PTSDを全否定したところから無理だと思ってしまった。自ら望んで夢の中で何万回も身内に殺されてるわけじゃないわ。

やっぱりこの手の本は健常者のメンタルを更なる高みへともっていく本だと思う。ゆがみ切った人はまず治療しなければならないわけで。

オススメ度:★☆☆☆☆

 

こう見ると結構読んでるな… 随時追加すると思う。