You are what you love not who loves you.

自分に影響を与えたかっこいい音楽を紹介したりとかしてます。

翻訳のこと

最近他の方の意訳を目にすることが多かったり、普段英字幕で見ていた洋画を日本語字幕で見ることにしたり、和訳に触れる機会が多くなり、自分の翻訳を見つめ直している。

隙間時間にちょこちょこ修正してる。結構沢山の歌詞を。クソすぎて。

元の言葉を大切にしすぎるより、作品として全体の良さを伝えるために、もう少し意訳的に直そうと思った。

 

翻訳は暴力だ

どこかでそんな文を読んだ。

自分の訳は歌詞の解説程度だから… なんて保険をかけていたのが情けない。

既存のものを全く別の姿に変えてしまう行為で、それ以上でもそれ以下でもない。そして変えたその先は生かすか殺すかしかない

生かすように全力を尽くすしかない。

 

それでもまだ色々迷ったりしてる。

特に、英語では同じことを繰り返し歌ってるのに違うことを言わせる和訳を見るのがなんだか苦手なんだよなあ。同じこと言ってるのにって。気にしすぎか。

でも表現を誇張させすぎても殺すと思う。

 

大好きなアーティストの歌詞は素晴らしさを伝えたいのでもう少し練り直します。